前立腺がんの治療について
前立腺がんの治療は生検の結果の癌の悪性度、患者の年齢などを総合的に考えて決定します。治療方針を実際に決定する上で大切なポイントになるのが臨床病期です。

内分泌療法

前立腺がんは約80%以上が男性ホルモン依存症元であるという性質を利用して、男性ホルモンを除去する治療を行います。男性ホルモン除去療法の種類は、両側貞操を摘除する去勢術と、薬剤でテストステロンを去勢レベルにする lhrh 療法があります。男性ホルモン除去療法以外の内分泌療法としては、女性ホルモン剤や抗男性ホルモン剤があります。内分泌療法は、何の病期でも90%以上に効果がありますが、何年か経過するとこの療法が効かなくなることが多いです。

手術療法

根治治療としての手術に、根治的前立腺摘除術があります。前立腺への到達経路により恥骨硬式と軟式があり恥骨公式の腹腔鏡手術が一部の病院では保険適応となっています。前立腺摘除術は全身麻酔をかけて前立腺と精嚢を摘出し、尿道と膀胱をつなぐ手術です。約23時間時間がかかり出血量は約400ミリリットル前後です。大量出血の可能性もあるため、手術前に自分の血液を保存する病院も多くあります。癌がある程度進行し、リンパ節転移の可能性があるときは、手術と同時にリンパ節郭清術を行います。
ガンガ前立腺内に限られている場合は、患者さんの希望により勃起機能を温存する神経温存術が行われています。術後に尿道から膀胱にカテーテルを留置しますが、1週間で抜けます。カテーテルを抜いてから約5%に尿失禁が見られることがあります。根治的前立腺全摘除術の適用については、多くの剣会がありますが、一般的に本人が希望し重篤な合併症がなく75歳以下で癌が前立腺内に限局していれば手術のみで根治の期待が出来る為広く行われている治療です。

放射線療法

前立腺癌の根治治療または骨転移部位の痛みを和らげるために用いられています。前立腺に限られている間に対して根治治療として放射線療法を行う場合は前立腺に多くの染料を照射します。高専寮であるため前立腺の近くにある直腸や暴行などへの影響を抑えるように照射方法が工夫されています。放射線療法は治療効果を上げるために多くは一定期間、内分泌療法と併用します。他に悪性度が低い 場合は、前立腺内に小線源を埋め込む小線源治療が日本でも保険診療が認められ広く行われるようになりました。

増加していく前立腺がん

一時は高齢者人口が増えたことによって前立腺がんが増加したと考えられました。しかし前立腺癌の増加率は男性の高齢者人口の増加率を遥かに上回っており高齢者人口の増加だけでは日本の前立腺がんの患者の増加を説明することはできません。食生活などの生活環境の変化も影響しているようです。また前立腺がんは将来も増加し続けると推測され、厚生労働省の発表では2020年には前立腺がんが肺がんや大腸がんと並んで頻度の高い男性癌になると予想しています。