いつでもどこでも誰でもできる運動がウォーキング
根気よく続けていればアンチエイジング効果を確実に得ることができるはずです。

運動の習慣がない人は歩くことからスタートしましょう

運動と言うと、野球、サッカー、テニス、水泳といったいわゆるスポーツ競技をイメージしがちですが「歩くこと」もう立派な運動です。運動経験がなくても、歩くことなら誰にでもすぐ始められるからです。
今日から歩くと決めたら目標は1日一万歩が理想です。
でも数字にはあまりこだわらなくても良いと思います。大事なことは自分の体力に合わせて根気よく続けていくことがです。
歩くことに慣れてきたら徐々にピッチを上げ、手を前後に大きく振って大股でさっさと歩くウォーキング、早歩きにトライしてみましょう。

ウォーキングの効果は数え切れません

ウォーキングでいられる健康効果の第一話足腰の筋肉の強化です。足腰には身体全体の筋肉の約6割が集中しています。その筋肉は老化によって容易に失われやすいという特徴があります。そのため日頃から足腰の筋肉を鍛えておくことは、健康長寿実現の大きなポイントになります。
その他、ウォーキングを地道に続けていると肥満の予防改善、心肺機能の向上、血圧や血糖値の正常化、尿酸値の低下、中性脂肪の減少、善玉コレステロールの増加、骨粗鬆症の予防、認知症の予防、さらにはストレス解消などの効果も期待できるようになります。そればかりではありません。体のいたるところに 健康にとても良い効果な期待できます。ウォーキングは施設用器具を必要としませんし、ジョギングやランニングなどに比べると足腰に負担がかからないという点でも万人向けと言えるでしょう。

習慣にすることは大切だが時には休むことも大事です。

現在、療法としての意味を持たせるための運動の消費エネルギーは、一日で150kcal、 一週間で1050キロカロリーが目安とされます。この目標値をウォーキングでクリアするためには、一日に30分以上毎日行うことが必要です。毎日出来なければ週に3日、1回につき60分でも同じ効果があります。
ウォーキングに限らず運動は習慣にすることが何よりも大切ですが無理は禁物です。体調に応じて、休養にあたり、時間を短縮したり、運動内容を変更する、また運動中に異変を感じたら中断すると言った臨機応変な対応も必要です。

ウォーキングを始めるにあたって、特に用意するものはありませんが、靴だけには少しこだわり自分の足にぴったりと合うウォーキングシューズを用意したいものです。もちろんジョギングシューズ、運動靴でも構いません。また運動中の熱射病を防ぐための帽子、 脱水症を防ぐためのペットボトル入りの水も役に立ちます。
水分を補給するときは一度にたくさんのものではなく、ポイントです。喉の渇きを感じなくても汗をたくさんかいて脱水気味になっていることはよくあります。運動の途中でこまめな水分補給に心がけましょう。
靴、帽子、水はウォーキングの必需品です。