糖尿病性神経障害とは

糖尿病は様々な合併症が伴うとても危険な病気です。糖尿病の合併症である糖尿病性神経障害について調べてまとめてみました。

糖尿病性神経障害とは糖尿病の三大合併症の中で最も早期に現れる合併症です。

全身に広がっている末梢神経に障害が起こる合併症です。

糖尿病性神経障害お症状

糖尿病性神経障害はまず足先の神経が侵され、痺れや痛みを感じ、こむら返りを起こしやすくなり徐々に感覚が鈍くなっていきます。

特に足に現れやすく、左右両側の同じ部分に症状が出やすいという特徴があります。

糖尿病性神経障害が悪化すると、痛みを感じなくなり、火傷をしたり、靴擦れを起こしても気づかない様になります。

放置すると、細菌感染から 壊疽を 起こし、最悪の場合足を切断しなければならないケースもあるのです。

この他に、自立神経が障害されると、便秘、下痢、排尿障害、発汗異常、立ちくらみ、勃起障害などの症状を起こします。

全身の筋肉の萎縮や顔面神経麻痺なども起こしてきます。

糖尿病性神経障害の原因は、過剰に摂取したブドウ糖の一部が変形したソルビトールと呼ばれるものが神経細胞内に蓄積したり 糖化最終産物が蓄積するために、神経障害を引き起こすと考えられています。

糖尿病性神経障害の治療方法

糖尿病性神経障害の治療方法は、食事療法、運動療法、血糖をしっかりとコントロールして血糖値を基準値に戻すことで、早期であれば神経障害を回復することは可能です。

神経障害の治療薬として、「アルドース還元酵素阻害薬」があります。

ブドウ糖をソルビトールに変える酵素の働きを阻害することにより、ソルビトールが産生されるのを防ぎます。

その他にも薬物が使われます。

自己判断で治療をやめず、医師の指示通り治療を続けることが大切です。

血糖値をコントロールしてしっかりと続けることで、早期であれば改善の可能性がある合併症です。

気になる症状があったら専門家に相談して、軽度のうちから治療を始めることが大切です。

糖尿病性神経障害はとても危険な病気

この様に糖尿病の合併症である糖尿病性神経障害は日常生活に支障をきたしてしまうとても危険な病気です。

糖尿病の傾向のある方は、a 1 c の値を基準値に近づけられる様に普段から食事メニューや分量、適度な運動、規則正しい生活を送る様に今から生活習慣を改善する必要があります。

糖尿病の原因で目が見えなくなったり、足を切断したという事例はたくさんあるので、そのようなことが自分の身に起こらない様に、普段の生活に糖尿病予防を取り入れていきましょう。

全ては、取り組むか取り組まないか、あなたの行動ひとつにかかっています。