子宮頸がんになった方
子宮頸がんを患った芸能人や著名人の方もたくさんいらっしゃいます。

坂井泉水さん

中でも衝撃的だったのは、ZARD のボーカル坂井泉水さん。
彼女は40歳の若さで亡くなられました。
有名な曲「負けないで」は、いつの時代にも、人生の応援ソングとなっています。
坂井泉水さんは、子宮頸がんを患い、全摘出の後に、癌が肺に転移していたことが判明し、慶應義塾大学病院で治療していた時に亡くなられました。
とても美人で、 男性ファンも多かったことと思います。
故人のご冥福を心からお祈り申し上げます。

子宮頸がん

子宮頸がんは、定期検診の普及によって早期発見が可能となり、脂肪率は年々減少してきました。しかし近年死亡率の再上昇、若年子宮頸がん患者の像、子宮頸がんの中でも洗顔の増加などが指摘されています。
子宮頸がんは治癒率の高い癌で、初期段階であれば100%治癒します。癌が進行するほど治る率は低くなりますが、定期的に検診を受けていれば、早期の段階で、いわゆる子宮頸部異形成の状態で発見されます。従って子宮頸がんの場合には定期検診が最も有効な診断法なのです。

子宮頸がんの原因

子宮頸がんの原因は子宮頸がん組織の95%以上から HPV が検出されていることから HPV 感染であると考えられています。
HPV に感染した全ての人が子宮頸がんを発症するわけではありません。一般女性の約60%から70%は HPV 感染の経験がありますが、ほとんどの場合は、風のように自分の持つ免疫で治癒してしまいます。しかし、何らかの原因で HPV の持続感染を起こし、そこに喫煙、ピル服用、 TAS さんなどの品種が変わると、子宮頚部異形成を引き起こしさらに進んで子宮頸がんを発症します。
なお HPV の仲間には何種類ものウイルスのタイプがあります。その中で2種類が、特に癌になりやすいハイリスクタイプとされています。

子宮頸がんの症状

早期の子宮頸がんは進行がゆっくりしていて自覚症状もほとんどありませんから定期検診で見つけることが必要です。しかし進行すると出血などが見られるようになります。

検査と診断

初期の子宮頸がんは自覚症状は少ないので、定期検診を受ける必要があります。検診はまず第一検診として内心と細胞診検査を行います。細胞診検査とは子宮頚部の細胞を採取しスライドグラスに塗布した後特殊な染色をして顕微鏡で観察する検査です。最近ではこの細胞診検査に HPV 検査を組み合わせることで診断効率を上げる試みがなされています。