COPDについて

その他

COPDは喫煙や粉塵などの有毒な粒子、喫煙や粉塵などの有毒な粒子が喫煙や粉塵などの有毒な粒子ガスの収入によって、肺に炎症が起こり、次第に呼吸が困難になっていく病気です。

急性気管支炎について

その他

急性気管支炎は急性の炎症が気管支の粘膜に起こる場合を言います。 ほとんどはウイルス感染が原因で起こる、風邪症候群に含まれます。風邪症候群では、鼻汁や鼻づまり、くしゃみなどの上気道の症状、咳や痰などの症状などが見られますが、急性気管支炎はこれらの症状の後に弱った気管支に病原微生物が感染することで、咳や痰の症状が強く起こるものです。つまり風邪症候群の中で気管支に炎症があって主に咳や痰の症状が現れるものに急性気管支炎という診断名が付けられているのです。

喘息の治療について

その他

喘息の治療は、それを遠ざけることが必要です。しかし、多くの場合、原因物質から完全に飲まれることは簡単ではありません。このような場合には少なくとも自宅内における家ダニなどを少なくするなどの工夫が必要です。

ぜんそくについて

その他

苦しい息をするたびに、 ゼーゼーヒューヒューといった音がします。 この症状は、治療によって、または自然によくなるのが特徴です。 また、喘息の発作というより、咳だけが現れることもあります。これを咳喘息と言います。風邪にかかってから咳が治らない、そのうち喘鳴が聞こえるようになった、息苦しくなってきたという時は喘息が疑われます。

がんの予防について

がん

DEN、細胞が癌化することが研究によってわかってきました。生活習慣や感染による DNA が変化しますが、変化しやすい人としにくい人、変化した細胞を排除できる人とできない人があり、これには遺伝的体質の関与が考えられています。

肩関節周囲炎について

五十肩

四十肩五十肩の原因は、「運動不足」に尽きるでしょう。普段から全身運動を心がけてウォーキングやジョギングに取り組めばこのような痛みは出ることはないと思います。もし肩が上がらないのであれば少しずつ運動を取り入れて肩関節を柔らかくすることが大切です。

前立腺がんで亡くなられた米長邦雄さん

がん

素晴らしい解説者として活躍されましたが、引退後は人生相談などの番組にも相談者として出演されるなど、多才ぶりを発揮していました。 内弟子の林葉直子さんとのスキャンダルはイメージダウンとなってしまいましたが、男としても相当な自信があったらしく「私以外の男はどうやって女性を喜ばすことができるのか」と言った発言もありました。きっと男性ホルモンが大量に分泌していた時期であり、男としての魅力が溢れていた時代だったのでしょう。そんな米長さんも前立腺癌で亡くなられています。

シェーグレン症候群について

その他

食事は硬いものや刺激物を避け、水分が多く消化の良いバランスのとれたものを取ります。住居は快適な温度と湿度を保ち特に空気の乾燥に注意をします。歯を柔らかいブラシでよく磨き虫歯を予防するとともに感染症に留意し風邪をひかないようにまたこじらせないように注意をします。さらに過労を避ける他、ストレスを蓄積しないように注意することも大切です。

前立腺がんの治療

がん

一時は高齢者人口が増えたことによって前立腺がんが増加したと考えられました。しかし前立腺癌の増加率は男性の高齢者人口の増加率を遥かに上回っており高齢者人口の増加だけでは日本の前立腺がんの患者の増加を説明することはできません。食生活などの生活環境の変化も影響しているようです。また前立腺がんは将来も増加し続けると推測され、厚生労働省の発表では2020年には前立腺がんが肺がんや大腸がんと並んで頻度の高い男性癌になると予想しています。

前立腺癌について

がん

前立腺がんは、前立腺に発生する悪性腫瘍です。尿道から離れた前立腺の辺縁部に発生することが多いとされています。そのためある程度大きくならないと尿道を圧迫することはなく、排尿障害などの症状を起こしません。

ページの先頭へ