糖尿病は本当に恐ろしい病気です

糖尿病による合併症について

糖尿病による合併症は、実にたくさんの種類があります。その中で重症化するととても危険な合併症の一つである糖尿病網膜症について、調べてまとめてみました。

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症は重症化すると失明する危険もあるとても恐ろしい合併症です。

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症とともに三大糖尿病合併症の一つです。

糖尿病を発症してから数年歩いは10年以上経ってから発症する場合が多く、この合併症の厄介なところは、かなり重症化するまで自覚症状がないところです。

糖尿病網膜症は病気の 進行の度合いによっていくつかの分類に分けられます。

単純糖尿病網膜症

最も初期の段階です。自覚症状はありませんが、網膜の状態を調べると毛細血管瘤、点状、或いはまだら状の出血などが見られます。

状態を確認するため少なくとも半年に一度は眼底検査を受けることが必要です。

前増殖糖尿病網膜症

自覚症状はまだありません。

網膜血管が詰まり出し、白い斑点やむくみが現れます。

新しい血管が生まれる準備が始まります。

目のかすみを感じることもあります。

2ヶ月に一度は眼底検査を受ける必要があります。

増殖糖尿病網膜症

重症の段階になります。新生血管の発生だけなら自覚症状はありませんがこの血管が破れて大出血を起こすと飛蚊症や視力低下を起こします。

また出血した血液成分のうち水分が半分にたまると二種が起こりものが歪んで見えたりぼやけて見えたりします。

ガラス大出血が起こると2週間に1度は眼底検査を受ける必要があります。一度落ちた視力は糖尿病が治っても多くは元に戻りません。

糖尿病網膜症で視力を失う人は年々増加傾向にあり、日本で年間3000人にものぼると言われています。

糖尿病網膜症の原因は血糖値が高い状態が長期にわたると、網膜の血管が変形したり詰まったりして栄養や酸素が網膜に行き渡らなくなります。

その結果、網膜内の酸欠状態を何とかしようと新しい血管ができる様になり、その血管が破れることで様々な障害が現れる様になるのです。

糖尿病網膜症の治療方法は、早期発見と早期治療が大事になります。糖尿病を持っている人は、定期的に目の検査を受け、眼底検査を行い続ける必要があります。

初期の治療は血糖値を下げることを目的とした内容の治療が主体になります。

増殖前気になると、血糖値の状態は改善されても網膜症は悪化することがあります。

増殖糖尿病網膜症の段階になると、レーザー光線を使っても視力は回復しませんが、網膜症の進行を食い止めることができます。

黄斑部にむくみが出て視力低下も見られる場合は、節を起こしている血管瘤にレーザーを照射したり、ステロイド薬の注射を行ったりします。

ガラス体出血や網膜剥離、、ガラス体を取り除くガラス体切除手術を行います。

しかし手術が成功しても、日常生活を送るために必要なまでには視力が回復しないことがあります。

若年性の糖尿病は特に進行が早いので、この状態まで進行させないことは大変重要になってきます。

このように糖尿病網膜症は、自覚症状がないところで徐々に進行していき、目が見えなくなってきた段階では相当重症化していることになります。

したがって、糖尿病の傾向のある方は 、A 1 c の値を下げる努力を今からするべきです。