急性気管支炎とは

急性気管支炎は風邪症候群に含まれます

急性気管支炎は急性の炎症が気管支の粘膜に起こる場合を言います。
ほとんどはウイルス感染が原因で起こる、風邪症候群に含まれます。風邪症候群では、鼻汁や鼻づまり、くしゃみなどの上気道の症状、咳や痰などの症状などが見られますが、急性気管支炎はこれらの症状の後に弱った気管支に病原微生物が感染することで、咳や痰の症状が強く起こるものです。つまり風邪症候群の中で気管支に炎症があって主に咳や痰の症状が現れるものに急性気管支炎という診断名が付けられているのです。

これらの症状の違いにあまりこだわらなければ、風邪症候群の診断名が使われることもあります。またインフルエンザでも同じような症状が見られますが、検査で区別できますので流行している時期には検査を受け正確な診断をしてもらった方が良いでしょう。

急性気管支炎の原因について

急性気管支炎の原因は、そのほとんどがウイルスによる感染が原因です。ライノウイルスやパラインフルエンザウイルスなど風邪症候群の原因と同じウイルスによるものが多いと考えられています。しかし、急性気管支炎の原因の大部分は正確には不明です。
この他ウイルスの病原微生物であるマイコプラズマや細菌が原因であったり、まれには刺激性ガスや粉じんなどの有害物質の吸入が原因で発生したりする場合もあります。
これらの病原微生物が気管支の粘膜に感染すると、リンパ球などの免疫反応によって血管から血漿が染み出し、血管や粘膜が腫れ分泌物が増加します。このため気管支の閉塞や痰の増加、咳などが起こります。

検査と診断について

主に肺炎との区別をするために胸部 X 線検査が行われています。胸部 X 線検査で異常が見つかった場合には肺炎と診断されます。

治療について

ウイルスに直接効く薬はありませんがほとんどの場合は自然に回復します。
従って治療は発熱に対する解熱薬の服用など対処療法に限られています。
ただし肺炎球菌による感染の場合には、肺炎に進展する可能性があるためこれを予防するために抗生物質が用いられることがあります。

日常生活で注意する事は

安静と保温が大切です。水分が不足しないように水分の補給に努める必要があります。 気管支喘息の人が急性気管支炎を起こすと急に病状が悪化して呼吸困難の発作などを起こすことがあります。
そのため風と自分で判断しないでできるだけ早く医師の診察を受ける必要があります。風邪の予防と同様に流行期には人混みを避けるなどの注意が必要です。インフルエンザのワクチン接種を受けるのも一つの方法です。