人間の体は様々な形や大きさの細胞によって構成されています。

血液中には赤血球や白血球、血小板などの血球が存在し、酸素や栄養分の運搬、免疫作用などによって細胞の生命活動を支えています。

血液の中には白血球があります。

人間ドックなどの健康診査で白血球数が少ないと言う事例が見受けられます。

白血球の数が少ないと人間の体にはどの様な影響があるのでしょうか。

白血球が少ないとどうなるのか

疲れが取れにくくなる
免疫力が弱くなり病気にかかりやすくなる
貧血になる
傷治りにくくなる
など体の免疫力が低下したことにより普通の体の人比べて病気にかかりやすい状態になっています。

正しい白血球の数は人によって個人差があります。

白血球数が少ないからといって何かしらの病気になると言うことではありませんので、あまり気にしなくても良いかもしれません。

白血球が少なくなる原因

白血球が少なくなる原因はいくつか考えられます。

もしあなたが白血球の数が少ないのであれば、食事について振り返ってみましょう。

冷たいものを摂取していませんか。

冷たい食べ物や飲み物を過剰に摂取すると体が冷えてしまい白血球数の減少につながります。

また生まれつき体質的に白血球数が少ない人もいます。

普段の生活の中でもストレスなどにより白血球数が減少することも考えられます。

また何かしらの病気にかかっていることも考えられます。

白血球数を正常値に戻すための方法

生活習慣を見直してみましょう。一日三色時間通りにバランスよく食べること。

冷たい食べ物や飲み物は控えること。温かいものをしっかりと摂取するようにしましょう。

十分な睡眠が必要になります。8時間睡眠を中心に体のケアを心がけましょう。

白血病とは

白血病は白血球系細胞が無限増殖する血液の癌です。

白血病は「白欠病」ではありません。「白血病」です。

白血球数が少なくなっていくのではなく逆に増殖して増えていく病気なのです。

このため人間ドックなので白血球数が少ないからといって「白欠病」ではなく、白血病は逆に白血球数が増えていく血液の癌なのです。

白血病は血液が作られている細胞の組み合わせからいくつかの種類に分けられています。

急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病などの分類です。

白血病になる原因とは

白血病は血液の癌です。他の癌と同じように。はっきりとした原因は解明されていませんが後天的に造血細胞に生じた遺伝子異常によって発症すると考えられています。

放射線の被曝や発がん物質なども原因となります。

放射線の被曝といえば、日常生活ではレントゲン検診などの医療機関での検診が考えられます。

また放射線物質は近年、原子力エネルギー関係で様々な形で私たち生活のなかにもその脅威が押し寄せられています。

東日本大震災では原子力発電 施設から 放射能が大量に巻き散らかされました。放射能にもいくつかの種類があり、セシウム137と呼ばれる放射能は一旦大気中に出されると、30年間はそこに居続けるという厄介な存在なのです。

また日常生活の中でも微量の放射線物質を出しているものもあります。

東日本大震災をきっかけに放射能に関してとても敏感に世の中が動いています。

白血球数が少ない場合の改善方法として、放射能について考えるよりもむしろ、日常生活における食事や運動睡眠を規則正しく適切に取るように心がけることが一番良い方法と考えられます。