ガンを予防するためには

禁煙、感染予防、食生活の改善

DEN、細胞が癌化することが研究によってわかってきました。生活習慣や感染による DNA が変化しますが、変化しやすい人としにくい人、変化した細胞を排除できる人とできない人があり、これには遺伝的体質の関与が考えられています。

禁煙は最も有効な癌予防方法

タバコの煙には4700種類もの化学物質は含まれて、ニトロソアミン類やた完成炭化水素など約60種類の発がん物質が知られています。これらの発がん物質により、口腔癌、喉頭がん、肺がん、食道がん、胃がん、肝臓がん、膵臓癌、膀胱癌などの発生頻度は高まります。禁煙すると発生率の上昇は泊まり、禁煙50年以上経てば非喫煙者の癌発生率に近づきます。タバコの煙は喫煙者の周囲の人にも吸引され、これを受動喫煙と呼ばれています。癌の発生率を上昇させることが分かってきました。タバコの先から直接出る煙は吸引されて口に入る煙よりも有害物質濃度が高く、2003年に施行された健康増進法第25条にあるように自動喫煙を防止することは健康を守るために重要なことです。

ピロリ菌除菌による胃がん予防

日本の胃がんはそのほとんどがピロリ菌感染が原因になっています。六十歳以上では8割、四十歳代では半数程度、十歳代では1割程度はピロリ菌に感染しています。感染者に癌が発生する場合は非感染者の数倍も高く、ピロリ菌を除菌することによる胃がん予防が期待されています。

肝炎ウイルスと肝臓がん

B 型肝炎ウイルスと C 型肝炎ウィルスの持続感染は肝臓がんの原因となります。 B 型肝炎ウイルスは正直や免疫力が落ちている時に感染すると持続感染することがありますが現在はワクチンなどによる出生児の母親からの感染を予防することができます。 C 型肝炎ウィルスは輸血により感染することが以前ありましたが現在は検査により感染している血液が分かるようになったため輸血による感染はほとんどなくなりました。しかし注射針の共有や刺青のための針の消毒不足なので C 型肝炎ウイルスに感染する危険はまだあります。

ヒトパピローマウイルスと子宮頸がん

子宮頸がんは性交渉の相手が多い女性に多く、性交渉を持たない女性で少ないという現象は以前よりよく知られていました。最近に、HPVであることがわかり、この現象の理由が解明されました。眼科の力が強いのはHPVの16型18型などですが、16型18型などですがHPVの感染の有無を調べることはできません。感染の機会を減らす工夫が必要です。これとは別に喫煙との関連も見られその理由が研究されています。