眼精疲労とは
眼精疲労は全身症状が伴うこともあります
眼精疲労は病名ではありません。必ず原因があります。背後には、視機能に影響する病や両眼視機能のバランスを崩す疾患があることがあります。高齢者で遠視の人は、調節力を酷使しなければならず、眼精疲労を引き起こしやすいです。目の疲れが取れない時は早めに眼科を受診した方が良いでしょう。

頭痛や吐き気抑うつ感も生じる目の疲れ

目の疲労感は一晩眠れば治ることが多いのですが、休息をとるだけでは回復しない場合もあります。その状態を眼精疲労と言います。目がかすむ、目が重い、涙や目やにが出る、充血する、目の奥や周囲が痛むなどに加え、頭痛や肩こり、吐き気、全身のだるさなどの症状が生じることがあります。

考えられる原因について

眼精疲労を起こす原因は多岐にわたっています。
自分の度に合わない眼鏡の使用
VDT や携帯画面などを使用した過剰な作業
不適切な照明環境での作業
老眼の初期に矯正せずに手元の作業を続けること
中高齢者の人の近眼と遠視
見え方などに問題がある目の病気・・緑内障、白内障、視力低下や斜視、両眼視異常など
目やその周辺に不快感を起こす目の病気・・結膜炎、ドライアイなど
全身疾患
うつ病や様々な神経症
神経系に作用する薬物

眼精疲労の治療について

原因が特定されればその原因を排除することが先決です。眼鏡が合わない場合は作り直し、パソコンを使用する機会の多い人はパソコン作業時の環境整備、例えば画面の状態、周囲の状態などに注意しましょう。厚生労働省では1時間につき10分から15分ほどの休憩を取るべきとの指導をしています。目に病気がある人は作業持続時間をさらに減らす工夫も必要です。スマートフォンを眺める時間の長い人はその時間を短くするように努めましょう。目の調節力の衰えを示す老眼や高齢者の遠視は常に調節を強いられる状態に置かれていることで眼精疲労が生じます。いつも以上に日常の環境に配慮すべきでしょう。目の病気が発見されればその治療が優先され、同時に目の状態に応じた目の使い方をする必要があります。眼精疲労に特効薬はありませんが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が有効である場合があります。

斜視や両眼視異常による場合とは

見るからに目が外によっていなくても安静状態の眼球の位置が外側にある人は近くを見るとき目を内側に寄せる力が働かせるので眼精疲労が起きやすくなります。左右の屈折に大きな差があったり目の病気で片方の視力が急に落ちたり、目の動きを阻害する病気になると、左右の目で見たものを脳でひとつの像にまとめる両眼視機能のバランスが崩れ、眼精疲労を招きます。