癌について

癌の治療法

癌はどこまで治るのか

癌の治療で目安になるのは5年間です
癌の治療成績は近年めざましく向上していますが、この要因としては、早期発見法が確立されたことにより、癌の種類、位置が正確に診断できるようになったことと治療法の進歩が挙げられます。

癌は早期に発見し早期治療を行えば治りやすいことは常識になってきました。
癌が治った目安となる5年生存率は、治療終了後5年間再発しないでいると、その後は再発する頻度が極端に減少し、生存率が横ばいとなるために治った指標とされています。すなわち、治療を始めて5年間経過すれば、そして再発しなければ、癌が治ったとみなされるのです。次に主な癌の5年生存率を最新のがんの統計によって説明します。

治りやすい癌と治りにくい癌

同じ病気で治療しても元の種類が選択された治療法の違いによって治りやすい癌と治りにくい癌があります。
五年生存率は乳癌と子宮癌では70%以上であり、早期治療をすれば90%以上となっています。一方、胃癌、大腸癌の5年生存率は約60%から70%であり早期治療例では80%から90%となっています。
これらの癌は治りやすい癌と言えます。

一方肺がん、 肝臓癌の5年生存率は20%で、治りにくい癌となっています。
しかし病気により生存率は違います。肺がんの場合は、早期発見した場合は60%から70%、進行した場合は20%から30%となってしまいます。このように早期発見早期治療の大切なことが示されています。
一般的に体の表面にできるあるいは症状が早くから現れる皮膚がん、乳がん、子宮頸がんは発生しやすいこともあって早期治療が行われ治りやすいといえます。
一方、膵臓癌、肝臓がん、胆道、胆嚢がんなどは、体の深部にあるために発見が遅れやすく治りにくい癌と言えます。
またがん細胞を組織のカタカナの分類で見ると、未分化癌は進行が早かったり転移しやすいなど悪性度が高く治療成績もをとっています。一方で化学療法は未分化癌より悪性度は低いとされる扁平上皮癌や洗顔に比べかえってよく効くのです。
このようにガンはどの臓器に発生した花よりはどの組織方に属するかによって治療法が選択されることが多いのです。同じ臓器の癌でも、どの組織なのかによって中心となる治療法には手術が良いか化学療法が良いか違ってきます。そのた、め治療前に癌の周期が、癌の種類、画像診断や病理組織検査によって、正確に診断され治療方針が決定されることになります。