食事で気をつけること

外食で気をつけるポイント

エネルギーの摂りすぎを防ぎ栄養のバランスがとれた食事を心がけるなら、三食全てを自宅で用意するのが理想的です。しかし一人暮らしで会社に勤めている人などいんとって、それはとても難しいことでしょう。外食の大きな問題は、栄養のバランスが取りにくく、どこに野菜の摂取量が少なくなりがちになることです。そのためどうしてもビタミンやミネラル、植物繊維が不足気味になってしまいます。

またファーストフードやファミリーレストランをはじめとする外食店の料理は、口に入れた時の印象が強くなるよう味付けを濃くしたり、脂肪文をたっぷりと使うことが多いのです。そうした料理を頻繁に食べていれば、当然エネルギーや塩分などの摂りすぎになります。それゆえ、外食の多い人は上手に栄養のバランスを取るように心がける必要があります。具体的には同じ店の同じ料理は続けて食べない。多彩な品目を取れるようにする。野菜が少ない場合は再度オーダーでフォローをする。麺類の汁は飲み干さない。など意識的にすることが大切です。

外食の場合お金がかかります。

レストランや飲食店で食事をする場合、1000円以内にすることはとても難しいと思います。店に入る前は「600円ぐらい」と思っていても、メニューを見ると1000円から2000円ぐらい普通にかかってしまうでしょう。もし家族四人で同じものを注文した場合、6000円近くにもなります。一回の食事で6000円を使うことは家計にとってとても負担だと思います。外食をするよりも何かを買ってきて自宅で食べた方がずっと安上がりであるということが分かるかと思います。

サプリメントについて

外食の多い人や食生活の不規則な人がよく利用する者に サプリメントがあります。サプリメントとは通常の食事では不足しがちな栄養などを補うための補助食品のことです。臨む栄養素を手軽に取れるため忙しい人には魅力的な存在です。デパートやスーパー、100円ショップやコンビニエンスストアにまでサプリメントが置かれています。含まれる成分は、ビタミン、ミネラルから漢方薬的なものまで様々です。形状も錠剤、カプセル、粉末など好みに合わせて選べます。また、特定保健用食品のように有効性や安全性に関する審査を受け、健康への具体的働きを表示した食品も増え、一般にも普及しつつあります。ただ、、普段の食事を大阪にしてしまっては本末転倒です。サプリメントだけで全ての栄養素をカバーすることはできません。また特定の栄養素を摂りすぎでは過剰摂取による障害を招くこともあるのです。サプリメントはあくまで補助的存在で、 基本となるのは正しい食生活です。摂取する際は自分の体調や食生活を知った上で必要な成分を選び必ず適量を守るようにしてください。