フリーラジカルが過剰に発生する原因
わたくしたちの日常生活の中で様々なフリーラジカルの脅威にさらされています。
フリーラジカル発生の原因を知り生活環境習慣に気をつけましょう。

生活習慣によって生じるフリーラジカルについて

活性酸素などのフリーラジカルは、呼吸や新陳代謝、エネルギーの生成と言った私たちが生きていく上で必要な整備活動によって絶えず発生していますが、日常生活の中でも知らないうちにフリーラジカルの脅威にさらされていることがあります。
特に次にあげるような生活習慣があるときはフリーラジカルが体内に多く発生していることになります。

ストレス

ストレスを感じると自律神経の働きが鈍い、血流が悪くなり、この状態が繰り返されると、大量のフリーラジカルが発生されるために、老け込みやすくなります。

喫煙

タバコはフリーラジカルの最たるものです。タバコの煙の中には大量のフリーザ時間は含まれておりそれが肺に流れ込んで血液中にも溶け込み血管や臓器などに様々な悪影響、肺がんなどの障害を起こします。百害あって一利なし、それが喫煙です。喫煙をしている人は、今すぐ禁煙した方が良いでしょう。

飲酒

アルコールを大量に飲むと肝臓で活性酸素などのフリーラジカルを増やします。フリーラジカルによるダメージが脂肪肝などのアルコール性障害をもたらす原因になると考えられています。飲酒運転、酒気帯び運転などにより毎日実に多くの人たちが 人生を台無しにしています。

紫外線

紫外線が目や皮膚内に吸収されると体内に過剰なフリーラジカルが発生し白内障を発症させたり皮膚の老化現象であるシミやシワを作ります。

睡眠不足

フリーラジカルは、体内でエネルギーを生成する時にも発生します。1日のうちで最もエネルギー生成が少ないのは睡眠中です。逆に言えば睡眠不足の人ほどエネルギー代謝が高くなるので、フリーラジカル活性酸素が体内で増えていると言えます。

過度な運動

激しい運動をすると酸素を大量に消費するため体の中に活性酸素などのフリーラジカルが大量に生み出されます。とのことですが、そもそも激しい運動とは何を指すのでしょうか。例えば、健康のために毎日ジョギングをしている人を例に挙げてみましょう。ジョギングは普通の運動よりも激しい運動の部類に入るでしょう。しかし、ジョギングを毎日行なっていて、もうすでに何年間、何十年間も継続している人にとってみれば、決して過度な運動ではありません。軽度な運動と言えるでしょう。要するに、過度な運動とは、その人の体にとって過度な負担になるかどうかが判断の基準になると考えられます。負担にならなければ、「適度な運動」なのです。