体に様々な害を及ぼす生活習慣病ですが、中でも私たちにとって最も身近な脅威となるのが生活習慣病によって引き起こされる動脈硬化と言って良いでしょう。

動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞といった怖い病気の発症に至る最大の要因となっています。そして、糖尿病、脂質異常、高血圧症、メタボリックシンドロームという代表的な生活習慣病は、全て動脈硬化への道を辿るものばかりなのです。

それでは、これらの様々な生活習慣病がどのようにして血管ににダメージを与えて動脈硬化をもたらすのでしょうか。

高血圧症の場合について

全身に血液を送り出すため、動脈の壁には大きな圧力がかかっています。その力は収縮期血管の基準値上限である130 mm HG の場合でも、1.7 M 近い噴水を吹き上げる水圧と同等です。 近い噴水を吹き上げる水圧と同等です砂 近い噴水を吹き上げる水圧と同等ですすなわちに 近い噴水を吹き上げる水圧と同等ですすなわち人間の身長とどう 近い噴水を吹き上げる水圧と同等ですすなわち人間の身長と同程度の高 近い噴水を吹き上げる水圧と同等ですすなわち人間の身長と同程度の高さまでの高さまでの血液を吹き出す力がかかるのです。模試高血圧症であったとすればさらに大きな圧力が動脈にかかることになります。
動脈には高い修復能力が備わっており、通常の血圧であれば内壁に傷がついても大きな問題にはなりません。しかし、高血圧によって極端に強い力がかかり続けられた場合、その修復能力を超えて、ダメージの蓄積によって動脈硬化を起こすのです。

糖尿病の場合

糖尿病では血液中にいつも過剰なブドウ糖がだぶついた状態となっています。こうした血液中のブドウ糖は極めてタンパク質につきやすいのが特徴です。そのため、糖尿病の人の血液中にはブドウ糖とタンパク質が結びついた「糖化タンパク質」という物質がどんどん増えていくのです。
糖化タンパク質の中には血管を傷つけるものがあります。それが継続的に血液にダメージを与えるた、毛細血管はボロボロになって次第に用を足さなくなります。また、動脈も傷つけられて弾力性を失い、動脈硬化をに起こしてしまうのです。

脂質異常症の場合

脂質異常症は血液中に含まれている資質が常に過剰になっている状態のことを言います。この状態ではコレステロールをしたいとしたLDLコレステロールいわゆる悪玉コレステロールが非常にできやすくなっています。この時、動脈の内壁に傷ができると、そこにLDLコレステロールが入り込んで蓄積し LDLコレステロールが詰まったコブへと発達するのです。これを粥状動脈硬化と言われています。粥状動脈硬化のこぶは血液の流れを妨げて様々な臓器の働きを低下させたり狭心症を引き起こしたりします。さらに、昆布の表紙がなにかのはずみで壊れると、血栓を生じてそれが脳梗塞や心筋梗塞を招いてしまうのです。