「COPD」とは

慢性閉塞性肺疾患

慢性肺閉塞性肺疾患とは

慢性閉塞性肺疾患とは喫煙が原因の肺の病気です

どんな病気か

COPDは喫煙や粉塵などの有毒な粒子、喫煙や粉塵などの有毒な粒子が喫煙や粉塵などの有毒な粒子ガスの収入によって、肺に炎症が起こり、次第に呼吸が困難になっていく病気です。

しつこく続く慢性の咳や痰、階段の昇り降りなど体を動かした時の息切れ、喘息で見られるゼーゼーという呼吸を特徴とします。

かつては気管支に怒る慢性の炎症を慢性気管支炎、 hi-ho で起こる炎症を肺気腫と呼んで区別をしていましたが、 で起こる炎症を肺気腫と呼んで区別をしていましたがゲー で起こる炎症を肺気腫と呼んで区別をしていましたが原因治療 で起こる炎症を肺気腫と呼んで区別をしていましたが原因治療法共に同じ、慢性閉塞性肺疾患、いわゆる COPD と呼ばれるようになりました。

原因について

これはもう「喫煙」に尽きるでしょう。
また、粉塵などの宮優雅 COPD の原因となりますが、これらのうち最も影響の強いものが喫煙です。四十歳以上でタバコを吸っている人のおよそ20%に COPD の疑いがあり、日本で500万人以上が COPD と推測されています。
タバコには4700種類以上の化学物質が含まれ、この家窒素酸化、硫黄酸化物、一酸化炭素などが肺の酸化ストレス、タンパク質分解酵素を増加させ気管支の炎症や肺胞の破壊などを起こさせると考えられています。但し上記の喫煙にもかかわらず COPD にならない人もいるため、発症に関わる遺伝子の存在も考えられています。

COPD の症状について

最も多い症状は、体を動かした後の息切れです。これは長期間にゆっくりと進行し、このため日常生活の活動が宣言されていることがしばしばあります。しつこく続く咳や痰、また気管支喘息によく見られる喘鳴や呼吸困難で息苦しくなる発作が見られることもあります。
また重症になると胸部が前後に膨らむビール樽状胸郭、口をすぼめて呼吸をする口すぼめ呼吸なども COPD に特徴的な状態です。

COPD の検査と診断について

COPD の診断2話スパイロメトリーと呼ばれる簡単な検査が必要です。これは想いきり吐き出した空気の量のうち最初の一秒でどれくらいの量を吐き出しているかわかる検査です。最初の1秒間に吐き出すことができる量を測り一秒量の努力性肺活量に対する比率である一秒率を計算して、 この数値が70%未満の場合は気管支拡張薬を服用した後でも改善しない時に COPD と判断されます。