使い捨てコンタクトレンズについて

近年コンタクトレンズは素材の開発が進み種類も非常に多くなりました。

数年前まではハードコンタクトとソフトコンタクトの2種類が主流でしたが、近年は使い捨てコンタクトレンズが主流になっています。

使い捨てコンタクトレンズには、一日使い捨てるものと、2週間使えるタイプの2種類があります。

コンタクトレンズは使用方法を誤ると失明します

コンタクトレンズを使用した人はお分かりかと思いますが、ハードコンタクトレンズはある程度の期間使用すると、細かな傷が付くなどで、装着するとゴロゴロするなど目に違和感が発生してしまいます。

ソフトコンタクトレンズも同様に ある程度の期間使用したら交換する必要があります。

どちらも金額が高いため、更新するにはある程度予算がかかってしまいます。

このようなことが背景にあり、また、 価格もある程度安価な価格になっているので、使い捨てコンタクトレンズが 主流となってきているのでしょう。

ところが、使い捨てコンタクトレンズについては、特に気を付けなければいけないことがあります。

使い方を誤ると、失明してしまう危険性があるため注意が必要です。

実際に失明したことについて取り上げた動画があります。

眼球は、常に清潔にしておかなければなりません。

使い捨てコンタクトレンズはあくまでも使い捨てです。

一日で使い捨てるタイプであれば、必ず一日で使い捨てることです。

2週間で使えるタイプであれば、2週間は清潔な状態を保ち、2週間経過したら必ず新しいものと交換することです。

「もったいない」という気持ちは捨てなければいけません。

一日で使い捨てるタイプのものは、1日を経過して使用することは絶対にしてはいけません。

アメーバが繁殖してくるなどとても危険です。

動画でコンタクトレンズを使用していた人たちは、使用方法を守らずに、長期間使用していたところ、アメーバによって眼球全体が食い尽くされ失明していたというものです。

ショッキングな眼球の映像のため、閲覧する場合は自己責任でお願いします。

【閲覧注意】

コンタクトレンズを使用するときは、長時間使用しないことが基本であり、レンズは常に清潔に保つ必要があります。

コンタクトレンズを使う注意点

眼科専門医の検査を受けた上で作る

種類によりケア方法が異なるため規定通りにケアを行う

装着時間を守る

装着していて違和感などがあった場合はすぐに外して眼科を受診する

眼球に自覚症状がない場合でも眼球の障害があることがあるため必ず定期検診を眼科で受診する

カラーコンタクトレンズは質の良くないものも流通しているので慎重な使用を心がける