「緑内障」の記事一覧

緑内障は眼圧が正常範囲でも起こる

緑内障

緑内障は視野が欠けていきますが症状に気づかない病気です 目に入った光は水晶体を通って網膜に映像を結び、象の情報は視神経から脳に伝えられます。緑内障は視神経が障害されて視野が欠けていく病気で放置すると失明する恐れがあります・・・

緑内障ってどんな病気

緑内障

緑内障の治療は、点眼薬により眼圧を下げることが治療として行われています。緑内障そのものを治療する方法はありません。失われた視野が回復されることがないのです。現在の状態が悪くならない様に食い止めるための方法が眼圧を下げる方法なのです。

緑内障は視神経が障害され徐々に広がっていく病気です。

緑内障

緑内障は視神経が障害されし家の中に見えない部分ができ、それが徐々に広がっていく病気です。視野が欠けてもそれに気付かないケースがほとんどで、適切な治療をせずに放置していると、最終的には失明してしまうこともあります。日本人の中途失明の原因で最も多いのが緑内障なのです。

緑内障の手術について

緑内障

緑内障によって失明してしまうととても困ってしまうでしょう。それだけ緑内障は危険な病なのです。定期的に眼科医にかかる様にして、適切な治療を早期に行いましょう。

視野が狭くなり失明する病気「緑内障」

緑内障

緑内障は眼圧が上昇し、視力が低下する。種類によっては失明することもあり、症状も様々。眼圧を正し、視力を維持することを目的に、手術や薬剤などで治療を行います。ただし、治療と言っても、失われた視野が回復する治療方法はありません。視野が狭くなる進行を防ぐことが、今の医学の現状なのです。すなわち、視野が狭くなっていく進行を防ぐだけなので、特効薬は無いのです。これ以上視野が狭くならないように「守らなくてはならない」ものなのです。

緑内障について

緑内障

緑内障の特徴として、病がかなり進行するまで自覚症状がありません。急性のものを除いては、視野がゆっくりと狭くなっていきます。このために早期発見、早期治療が大切です。

ページの先頭へ