夏バテは、通常身体は高温状態では体温を正常に保とうとしてエネルギーを消費します。通常はエネルギーの消費に大きな負担となりませんが、特にエネルギーの消費が大きい場合、輪、身体への負担が強くなり、身体にたまった熱を外に出すことができなくなります。この状態が続いて身体にさまざま症状がわれるのが夏バテです。ストレスや冷房による冷え、睡眠不足なども原因になっています。