人工透析について

透析療法とは

血液中の老廃物を人工的に除去することです。

腎不全や肝不全など臓器の機能が失われた場合は、血液中に老廃物などが過剰に溜まる様になります。この場合、人工的な手段で老廃物を除去しなければなりません。

そのために行う治療を血液浄化療法、血液透析療法と言います。

血液浄化療法の中でも最も普及しているのが、腎不全に対する「人工透析」なのです。

血液透析と腹膜透析

人工透析には大きく分けて二つの方法があります。

1つは血液を体外に取り出して合成膜を通すことによって老廃物を除去する血液透析です。

最も普及している血液浄化療法です。

もう一つが、透析を受ける人自身の腹膜を透析膜として利用して、老廃物を除去する腹膜透析と呼ばれる方法です。

血液透析は利き手ではない方の手首の皮膚近くの静脈を、動脈とつないで動脈化させます。太くなった静脈に針を刺し、血液をダイアライザー 機械に通して浄化させ、綺麗になった血液を体内に戻します。

腹膜透析は、透析を受ける人の腹膜をダイアライザーの代わりにして、血液を浄化させる療法です。

透析装置を使用する必要はなく、自宅や職場で本人でも作業を行うことができます。

ただし血液透析に比べると効率が悪く、腹膜炎を起こしやすい、長期の使用はできないなどの問題点もあります。

糖尿病による合併症について

糖尿病が人間の生命を危ぶむ危険な病であるわけには、合併症があります。その代表的な二つが「糖尿病性網膜症」、「糖尿病性腎症」です。

糖尿病性網膜症は、失明の恐れがあるとても怖いや合併症です。糖尿病になると目が見えなくなるとよく言われますが、その理由の合併症なのです。

また糖尿病性腎症は人工透析が必要となるとても危険な合併症です。

どちらも命を奪うとても危険な病気と言えるでしょう。これらの合併症によってとてもたくさんの方々の尊い命が失われてきています。

合併症が併発する前の段階で、糖尿病が改善する様に少しずつ取り組んでいれば、違った結果になっていた人が多くいらっしゃると思います。

おそらく多くの人が亡くなる前に「あの時少しでも健康のために体を動かしておけばよかった」と後悔していたと思います。

その様な思いをしないように、糖尿病を食い止めましょう。

糖尿病を食い止めるために

糖尿病を食い止めるために私が調べたで七つの項目に分けていかにを示しをさせていただきます。

健康診査の結果で a 1 c の値がなど糖尿病の傾向のある方は、今から取り組んで欲しいと思います。

またすでに糖尿病患っており、治療中の方はもちろん、特にこの七つの項目には気をつけて取り組んでください。

全ては自分自身のため、また大切な家族や友人のためでもあるのです。

全ては、あなたの行動にかかっています!

1.食事のメニューに配慮し、野菜中心のバランスの取れたメニューにして、必要な量のみを摂取すること。

2.適度な運動を毎日行うこと。

3.規則正しい生活を行うこと。

4.酒タバコはやめること。

5.睡眠時間は8時間たっぷりと取ること。

6.体重の管理を毎日行うこと。

7.定期健診や人間ドックを受診して医師の指示に従うこと。