ジョギングを継続するためのポイント

マラソン

三日坊主で終わってしまいがちなジョギングですが、いくつかのポイントを押さえておけば楽しみながら ジョギングを継続することができるようになります。 私自身の経験から何点かジョギングを継続するためのポイントをまとめてみました・・・

子宮頸について

がん

子宮頸がんは、定期検診の普及によって早期発見が可能となり、脂肪率は年々減少してきました。しかし近年死亡率の再上昇、若年子宮頸がん患者の像、子宮頸がんの中でも洗顔の増加などが指摘されています。 子宮頸がんは治癒率の高い癌で、初期段階であれば100%治癒します。癌が進行するほど治る率は低くなりますが、定期的に検診を受けていれば、早期の段階で、いわゆる子宮頸部異形成の状態で発見されます。従って子宮頸がんの場合には定期検診が最も有効な診断法なのです。

生活習慣病と動脈硬化について

糖尿病 血液 高血圧

動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞といった怖い病気の発症に至る最大の要因となっています。そして、糖尿病、脂質異常、高血圧症、メタボリックシンドロームという代表的な生活習慣病は、全て動脈硬化への道を辿るものばかりなのです。

食道癌について

がん

飲み込みにくくなったりするなど、「風邪を引いたかな」ぐらいにしか普通の人は思わないでしょう。このため自覚症状がなく発症した癌はみるみると転移していきます。早期に発見し早期に治療してしまえば、脳腫瘍や肺がんと違って治りやすい癌と言えるでしょう。ところが、発見が遅れてしまった場合、内臓やリンパ節にまで転移してしまいます。転移の進行の度合いにもよりますが、進めば進むほど生存率が低くなっていくようです。「風邪を引いたかな」といった自覚症状があるなしにかかわらず、健康診断や定期的な人間ドックを受診するように心がけましょう。

膵臓癌について

がん

発症しても自覚症状があまりなく、また早期発見が難しいと言った非常に厄介な病気の一つです。要因を考えれば、やはり喫煙と飲酒などが深く関連していることが考えられます。やはり禁煙と禁酒は必須とすべきでしょう。

乳癌の良性か悪性かの区別について

がん

乳がんは、女性ホルモンの分泌と深い関係があります。妊娠出産の経験がない人、授乳の経験がない人、経験年齢の遅い人などは乳がんができやすいと言われています。そこでまずはホルモンに関係する これまでの生活習慣について考えてみる必要があります。

乳がんについて

がん

乳がんは乳房にできる悪性腫瘍です。乳房の中には乳腺と言われる組織があります。乳腺は、乳汁をつくる「腺胞」という小さな腺組織の集まりでぶどうの房のようになっていてそれぞれが乳管で連絡されています。乳がんのの約90%は乳管から発生する乳管癌で、他に「腺胞」から発生する小葉癌や乳頭に発生する乳房パジェット病などいろいろあります。

癌はどこまで治るのか

がん

癌の治療で目安になるのは5年間です 癌の治療成績は近年めざましく向上していますが、この要因としては、早期発見法が確立されたことにより、癌の種類、位置が正確に診断できるようになったことと治療法の進歩が挙げられます。 癌は早期に発見し早期治療を行えば治りやすいことは常識になってきました。

COPD について

その他

COPD の重症度は一秒量を同じ年齢、体格の日本人の標準的な数値と比べ、その割合によって決定します。また一秒量が良くなかったか、悪くなったかを目安にして COPD の病状の経過を判定します。

ページの先頭へ